中国旅行Top >  中国の買い物事情 >  中国のコンビニ事情

中国のコンビニ事情

海外旅行に行くと、自分が住んでいる国と違う点にあれこれと目が行くことも多いのでは。

その国の街並みなどの歴史的な景観はもちろんのことですが、

自分の国では日頃、何気なく利用している飲食店などにも、目が行くのではないでしょうか。

海外旅行といっても、様々な国がありますから、ここでは中国旅行に的を絞って、

中国の街並みや中国の生活習慣などについて、綴ってみたいと思います。


中国旅行に行ったとき、深夜にちょっと小腹が空いたり、どうしても必要なものを

現地で購入したいということがあると思います。

特に深夜にってことになれば、日本で生活しているときは、やはりコンビニが

頭に浮かびますし、お財布片手に気楽に出掛けるのではないでしょうか。

中国旅行で同じ思いになったとき、やはりコンビニ?

そこで、中国にコンビニってあるのか?など

中国のコンビニ事情が、どうなっているのか覗いてみたいとおもいます。


北京・上海・広州などには、日本系のコンビニが既に進出しています。

日本のコンビニでもお馴染みの弁当類、おでんなどの食品が

豊富に用意されていることから、中国コンビニの人気も高いようです。

日本系のコンビニばかりでなく、中国系のコンビニも都市部では増加してきているようですが、

地方都市部では、まだまだ店舗数も少ないようです。

日系のコンビニでは、どのコンビニが中国に進出しているかですが、

ローソンが上海におよそ300店舗、セブンイレブンが北京におよそ40店舗、

ファミリーマートが上海におよそ100店舗、それぞれ出店しているようです。

セブンイレブンは既に広州にも数店舗展開しており、ファミリーマートにおいても

今後、広州に店舗展開していく予定だそうです。


中国系のコンビニは、”快客”という名のお店で、北京や上海その周辺地域に

数多く店舗展開をしているようです。

その他にも、中国系コンビニでは、北京に”物美”・”好隣居”・”万方便利”

上海では、”可的”・”好徳”・”良友”・”C-STORE”などおよそ4000店舗にもおよぶ

中国系のコンビニエンスストアが店舗展開しているようです。


中国旅行をする機会があれば、日本系のコンビニでは日本との商品の違いを、

中国系のコンビニへは、好奇心をもって試しに覗いてみるというのも

その国の生活感が垣間見れたりして、中国旅行を楽しむひとつの方法かもしれません。

その国でしか販売されていないお菓子などを試してみるのも楽しいですね。

これは、日本のコンビニのイメージかもしれませんが、

その国の風情を味わうということなら、コンビニでは難しいかもしれませんね。


中国旅行を楽しむために中国事情を知ろうトップへ

中国の買い物事情

中国の飲食店・コンビニなどの中国買い物店舗情報をお届けします。

関連エントリー

中国のコンビニ事情


中国旅行メニュー
中国旅行更新履歴
中国旅行RSS
中国旅行タグ
  • seo